心臓や脳の専門検査

血管状態に注意しましょう

健康診断などを通じて最近は様々な体の異常を指摘されるケースが増えてきました。比較的多いトラブルとしては、例えば高血圧などが挙げられます。高血圧は、現在降圧剤などを用いてある程度コントロールが出来ます。ですが、このような持病を持っている方が動脈硬化などを併発すると、時に心臓や脳の重篤な病気に繋がることがあり注意が必要です。動脈硬化が起こると血管が狭くなり、さらに血圧が上昇しがちになります。こういったトラブルが例えば心臓や脳の血管で起こると、狭心症や脳梗塞といった病気を引き起こしてしまうのです。血管が完全に詰まると心筋梗塞や重篤な脳梗塞となり、命の危険もあります。高血圧の方の場合には、出血性の病気のリスクも高くなるのです。

ドッグ検査が受けられます

普段から高血圧の症状がある方の場合には、定期的に心臓や脳の検査を受けることで合併症のリスクを下げることが出来ます。郡山青藍病院では心臓と脳のドッグ検査を設けており、目的を絞って検査が受けられるのです。郡山青藍病院の検査では、冠動脈CTやMRIといった検査が行なわれます。こういった郡山青藍病院の検査の場合には、各組織の血管の状態まで詳細に観察することが出来るため、病変を早く発見出来るというメリットがあるのです。郡山青藍病院では、病気を未然に防ぐことを目的としており、万が一異常が見つかった場合には適切な処置を行ないます。予防的な検査を効果的に取り入れて、早期に治療をスタートさせているのが郡山青藍病院なのです。

▲TOPへ▲