日野市の医療事情

主体は内科の医院、診療所

日野市は東京都の多摩地域に属する市であり、自然が豊かで穏やかな、住むには環境がとても良い市です。但し、規模が大きい総合病院の数は少なく、それ故、専門的な医療を受けたい時は、日野市外へ足を運ばなければならない場合があります。その点は、日野市の抱える問題の1つだと言えるでしょう。 但し、日野市内には多くの内科の医院、診療所が存在しています。ですから、別段、不自由に感じることはないのです。 日野市内の内科の医院、診療所の多くは、総合病院と提携しています。ですから、日野市内の内科の医院、診療所を受診しても、場合によっては総合病院に場所を移して治療が受けられるのです。しかも、煩わしい初診の手続きをせず、ある意味、優先的に治療を受けることができます。従って、何ひとつ問題はないのです。

かかりつけ医の重要性

地域に密着した内科の医院、診療所のことを、かかりつけ医と言います。大規模な総合病院が多く存在している現在、かかりつけ医と呼べる存在は減少傾向にあると言えるでしょう。 ただ、体調に異変を感じたら、ほとんどの場合、内科を受診することになりますから、言わば、内科は医療の窓口だと言えます。医療の窓口ならば、日頃から慣れ親しんでいる医療機関の方が良いことでしょう。その点は、多くの患者に対応しなければならない大規模な総合病院は、不得手だと言えます。ですから、現在、かかりつけ医の存在が見直されているのです。 周知のとおり、現代の日本は高齢化社会です。高齢者になれば当然、医療を受ける機会は増えます。ですから、とりわけ今の日本では、かかりつけ医の存在が重要なのです。

▲TOPへ▲