healthy
このエントリーをはてなブックマークに追加

心臓や脳の専門検査

生活習慣病の一つである高血圧は、心臓や脳の病気のリスクを高めます。郡山青藍病院では、こういった病気を未然に防ぐために詳細なドッグ検査を設けているのです。検査を行うことで、病気の早期発見を目指しています。

検便検査といわれたら

検便検査には便潜血検査と感染症をみる検査があります。どちらもきちんとした採取の方法と保存をしないと病気を見逃す可能性があります。検査の目的をきちんと理解して、説明通りに便を採取・保存することが重要です。

日野市の医療事情

東京都日野市には、規模の大きい総合病院の数は少ないのですが、内科の医院、診療所は多く存在しています。それらは、大規模総合病院と提携して医療を行っていますから安心です。

手術以外のガン治療

放射線治療がもたらす色々なメリット

日本の病院でのガン治療は、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療を基本として行われています。この中でも特に放射線治療は、ほとんど全てのガンに適用することができます。そもそも放射線治療とは、腫瘍がある部位に放射線を当てて、がん細胞を消滅させる治療方法です。放射線治療も大きく分けて、体の外から放射線を当てる外部照射、内側から当てる内部照射があります。がん治療時の放射線治療には、利点があります。たとえば、体に大きな負担がかからないことです。手術によって腫瘍を切除すると、どうしてもメスを入れるので精神的肉体的な負担があります。しかし、放射線治療は照射するだけなので、患者としては非常に楽です。なので、高齢の方、合併症で手術が受けられない方でも安心して治療ができます。

治療によってもたらされる副作用

ガンの治療では、放射線治療が有効と考えられます。放射線治療は、体に負担が少ないなどのメリットがあります。しかし、それと同時にデメリットもあります。それは、つらい副作用が生じることです。放射線治療の副作用は、ほとんどの場合、放射線が照射された部位に出現します。例えば、皮膚が赤くなったり、皮膚に痛みを感じます。また、頭頸部の治療では、のどの痛み、食事をとる時に食べづらくなることが挙げられます。基本的に副作用は、放射線治療後の2週間くらいに生じます。そして、ガンが完治しても、施術後、数ヶ月から十数年後に起こる場合もあります。ですから、治療後も定期的に、副作用がないか病院で診察を受けなければいけません。

▲TOPへ▲